消費者金融SMBCモビットを解説【金利、審査、利用するメリット】

SMBCモビットでお金を借りる場合には、様々なことを知っておくことで有利にお金を借入れることができる個性があります。そこで、基本的な情報を知っておきましょう。基本的な情報として知っておきたいことは金利や審査として利用するメリットになります。

まず利用するメリットに関しては、有名な企業ですので途中で倒産したり悪質なことをするようなことはまず考えにくいです。信頼されている企業ですので、安心して取引きできる点が最大のメリットと言えるかもしれません。実際テレビコマーシャルなどでやっており、最近はインターネットの広告などもよく出ていますので、いたことがある人は少なくないはずです。

消費者金融の中でも、有名な会社の一つになりますので、手法は十分にあると思って間違いありません。昔のように、過払い金請求などが頻発する恐れも少なく、財政は非常に安定しているといえます。

審査をする場合には、本人確認の証明書や収入証明書などが必要になりますが、収入証明書に関しては50万円以上お金を借りる場合に必要になりますので、それ以下の場合には提出を求められない性が高いです。

そもそも消費者金融としてもお金の返済をしてもらって初めて化した意味がありますので、最初が返済することができなさそうな人にはわざわざ貸すことをしません。とはいえ、会社員でなければ必ずお金を貸してくれないかといえばそのようなことはなく、アルバイトやパート派遣社員でも貸してくれる可能性が高いです。

当然収入が必要ですが、年収が100万円以上あった方がよいです。そもそも総量規制などが適用されますので、年収が30万円ぐらいしかない場合にはそもそも貸し出すお金がほとんどないと考えてよいでしょう。

総量規制とは、その人の収入の3分の1までお金を借用することができる決まりです。消費者金融の場合は、この決まりに従わなければならず勝手に年収の半分程度のお金を貸すと罰せられるためまず3分の1以上は借りることができないと考えておけば間違いありません。

そこで問題になるのは、借入限度額との関係です。SMBCモビットは、借入限度額が最大800万円と定められていますので、800万円借りる場合には年収が2400万円なければならないことになります。つまり、ほとんどの人は800万円はおろか500万円すら借りることができないでしょう。300万円の収入があったとすれば、100万円しか借りることができないため、最初から自分がいくらぐらいのお金を借りたが事前に分かりやすいです。

なぜこのような総量規制が設けられたかといえば、過去に消費者金融の方でお金を貸し過ぎて結果的に返済ができなくなった人が続出したからです。返済ができないとすれば、それは債務者の責任もありますが、返済できなくなるほどのお金を貸してしまった消費者金融の方にも責任があると考えられているわけです。

それと同時に、金利も関係してくるところになります。金利が高すぎると、やはりお金を返済することができなくなってしまい自己破産に追い込まれる人が必ず出てきます。それを避けるために、法律で金利を下げました。これは2006年から2007年の話しになりますので、現在借り入れる場合は改正された法律を適用し金利はやや低めに設定されていることが多いです。

実際どの程度の金利になっているかといえば、モビットの場合は3.0パーセントから18.0パーセントの間でそれ以下になることもそれ以上になることもありません。ではどうしたら3.0パーセントが適用されるかですが、これは限度額の800万円のお金を借りる場合に適用されます。

30万円程度しか借りない人が3パーセントの金利しか支払なくてよいのでは会社がつぶれてしまいます。つまり、金利の幅は法律の範囲内といっても非常に広いですが、だれでも最低金利で借りることができず、金額に応じて変わってくるものだと考えておきましょう。

即日融資をすることができるかも問題になりますが、SMBCモビットの場合は審査時間が最短で30分となっており間違いなく即日融資は可能になります。ただ、いつ借りても30分で審査をしてくれるわけではなく、たいていは平日の昼間に借りた場合に30分程度で審査してくれるだけで、夜に借りた場合や休日に借りた場合は昨日審査ができない可能性もありますので要注意です。

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がありますので、その点はご注意ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です